154top-face3なかじま・こうじ/株式会社ベアフット代表取締役・元プロサッカー選手。
1977年大阪府生まれ。仙台育英高校から96年にブランメル仙台(現ベガルタ仙台)へ。
03年からジェフユナイテッド市原(現・千葉)を経て、09年よりサンフレッチェ広島でボランチやリベロとして活躍し、13年にはJリーグ連覇を経験した。14年元旦の天皇杯決勝を最後に現役を引退して株式会社ベアフットを設立。

第1回「サッカー選手であることのありがたさ」


元プロサッカー選手であり株式会社ベアフットの経営者でもある中島さんに、現役選手引退後から会社設立までに起こったことや、現在の活動内容をインタビューしました。また、「サッカー選手であることのありがたさ」について質問すると、意外な答えが返ってきました。
『BRAND NEW COSMOPOLITAN』からは、日本に住むデンマーク人、イェンス・イェンセンさんと早川の対談の一部をお届けします。

第2回「人に嫌われるような人間では何かを成し遂げても意味がない」


中島さんにとっての成功とは、成功したときに周囲の人から「よかったね」といってもらえること。「人に嫌われる人間では何かを成し遂げても意味がない」と語ります。そんな中島さんが大切にしている、人との関わり方や夢を叶える方法について伺いました。
『教えて早川さん』のコーナーでは、「継続するときに工夫していることは何ですか?」という質問にお答えします。

第3回「苦境を支えてくれたのは将来のパートナー」


中島さんが過去を振り返って影響を受けたという母親とオシム元日本代表監督についての印象的なエピソードを話していただきました。また、2年間選手として試合に出場できなかったという、中島さんにとって非常に辛い時期についても切り込んでいきます。今月の『ヨイコトヨイモノ』は「リアル俯瞰」。早川洋平おすすめの視野を広げる方法をご紹介します。

第4回「夢を叶えたいなら殻を破って一歩踏み出すこと」


長年サッカー選手として活躍してきた中島さんに、「サッカー選手と起業家の共通点」や「夢を叶えるために大切なこと」を質問。自分の殻を作って我慢するのではなく、一歩踏み出して自分の夢を発信していくことの大切さについて語ってくれました。『教えて早川さん』のコーナーでは「早川洋平のおしゃれへのこだわり」についての質問にお答えします。

LINEで送る
Pocket