135top-faceたかしろ・つよし/映像作家・DJ。
1964年、東京・葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。
2008年より活動拠点を欧州へ移し、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍している。
また、ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。『人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか』(祥伝社)、『LIFE PACKING』(晋遊舎)、『サバイバル時代の健康術』(宝島社)など著書多数。

高城剛さん0


4月6日(土)から配信する高城剛さん(映像作家・DJ)のインタビューに先駆けて、プロインタビュアー早川洋平がインタビューの経緯や裏話を語ります。

高城剛さん1


今回は、”住所不定、職業不定”(書籍より)高城剛さんにご登場いただきました。第1回は、ベールに包まれた私生活や、現在までの軌跡にフォーカス。インタビュアー早川への逆つっこみもお楽しみください!

高城剛さん2


第2回は「なぜ世界へ出るべきなのか?」そしてもし高城さんが「日本再起動全権大使」に任命されたら…….「世界の目」で見た日本についてお話しいただきました。

高城剛さん3


第3回は、「マスコミ(既存メディア)に対する考え方」から日本滞在中の仕事場まで幅広くお話しいただきました。「すべての判断基準はワクワクするどうか」と断言する高城さん。それに関するリスナーからのストレートな質問にもお答えいただきました。

高城剛さん4


最終回は、人生を変えるきっかけになったあるテレビ番組について。自分らしい生き方を実現するためのマインドとメディア活用法についてもうかがいました。

インタビュー関連記事

高城剛、イメージと実際
なぜ、世界へ、なのか? 高城剛さんインタビュー第2回
想定外を想定する

紹介ムービー

高城剛さん自作ムービー『Future Report』

関連サイト

TAKASHIRO.COM
メールマガジン高城未来研究所「Future Report」
【早川よりひとこと】
前述の通り、普段全く(無料でも)メルマガを読まない(というか情報を遮断している)僕が唯一購読し続けているメルマガです。

読者から直接高城さんに質問できるQ&Aコーナーが最大の魅力。
他者の質問であっても、自身に大きな気づきや学びを与える高城さんの回答は僕の人生に大きな影響を与えました。いまデュアルライフを送ったり、健康に減量できたのもこのQ&Aがあったからこそ。

ちなみに、僕自身も質問を取り上げてもらったことがあります。

1ヶ月無料ですし、強くオススメします。
おそらく、多くの人が2ヶ月目も継続すること必至かと思いますが(笑)

月840円(税込み)、個人的には安すぎる、と思います。

LINEで送る
Pocket