138top-faceこにし・よしひこ/奈良少年刑務所教育専門官。
1958年奈良県葛城市生まれ。京都外国語大学英米語学科在学中、1年間イギリスに留学。81年、奈良少年刑務所の法務教官教育専門職に。「悪いことをするために生まれてくる子どもはいない。必ず何か原因・理由があり、大人や社会がそのことを理解しなければ非行少年を救うことはできない」という考えのもと、多くの受刑者を指導、社会へ送り出してきた。犯罪や教育、心の本質などのテーマで数多くの講演も行っている。

小西好彦さん1


今回は、奈良少年刑務所刑務官の小西好彦さんにご登場いただきました。2週間で辞めてもいいと思って働きはじめてから32年間、辞めたいと思ったことは一度もないとおっしゃる小西さんのお仕事とは。奈良少年刑務所に勤務するにいたったきっかけについてもお話しいただきました。

小西好彦さん2


更生のためのすべてのプログラムの根底にある思いについて。出所後再犯を防ぐためのさまざまな施策についてもお話しいただきました。

小西好彦さん3


仕事をしていて一番うれしいことについて。32年間突き動かしてきた原動力についてもお話しいただきました。

小西好彦さん4


小西さんが大切にされていることといちばん影響を受けた人についてお話しいただきました。

【関連記事】奈良少年刑務所で感じたこと(文・早川洋平)
【紹介映像】

LINEで送る
Pocket