139top-faceいずも・みつる/株式会社ユーグレナ代表取締役。
1980年広島県呉市出身。東京大学に入学した98年、発展途上国のひとつであるバングラデシュを訪れ、世界に確実に存在する本当の貧困に衝撃を受ける。2000年、同じ東大農学部に在籍していた鈴木と出会い、「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」のことを知り、世界の「食料問題」と「環境問 題」を同時に解決できるそのポテンシャルに魅せられるも、培養技術が確立していないという壁の前に、一旦は事業化を断念。02年、東京三菱銀行に入行。05年8月、出雲と福本、鈴木の3人で株式会社ユーグレナを設立。東大発のバイオベンチャーとして注目を集める。同年12月には、世界で初めてユーグ レナ(ミドリムシ)の屋外大量培養に成功。食品、機能性食品、化粧品、飼料、そして燃料と、数多くの分野で事業化を目指している。11年、AERA「日本を立て直す100人」に選出され、安藤百福賞 「発明発見奨励賞」を受賞。12年、世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が選出する「ヤング・グローバル・リーダーズ2012」に選出される。

出雲充さん1


今回は、株式会社ユーグレナ代表取締役社長の出雲充さんにご登場いただきました。第1回は、なぜミドリムシが世界を救うのか。そもそも、ミドリムシとは?ユーグレナの根幹をご説明いただきました。

出雲充さん2


国家が諦めたミドリムシプロジェクトを成功に導いた秘訣。そして、大量培養に成功した、たった1つのアイデアとは。具体的なミドリムシの事業展開についてもお話いただきました。

出雲充さん3


第3回は、創業時の苦しかった3年について。漫画「ワンピース」を参考に経営の秘訣についてもお話いただきました。

出雲充さん4


最終回は、夢を実現させるために必要なこと、さらに今後の夢についてお話いただきました。

【関連記事】夜行バス(文・早川洋平)

LINEで送る
Pocket