140top-faceかんだ・さおり/踊絵師。
肌、土、紙、衣を音、映、踊、灯と結びつけながらカタチにしてゆくペインティングアーティスト。山口県生まれ。幼い頃バグダッドとドバイにて育つ。音に深くシンクロし、筆を生き物のように走らせ、描いている姿も絵の一部となる独自のペイントスタイルを確立。EDWIN展示会、shuuemura makeup show、TOYOTA Lexus RX新車発表会、沖縄県立美術館、Alfa Romeo [MiTo]CM、瀬戸内国際芸術祭、フランス大使館[ Noman’s Land ]、VIVIENNE TAM 新作展示会、インド西ベンガル祭[ BAUL/Jai Dev Mela ] などライブペイント出演多数。
東儀秀樹 ( 雅楽奏者 )、林明日香 ( 歌手 )、Kazumasa Hashimoto ( 音楽家 )、藤原道山 ( 尺八奏者 )ら多くのアーティストとコラボレーション。ファッション分野ではウルフルズ、TK、shuuemura、EDWIN等とコラボレーション。IAAA「2012国際自動車広告賞」でBronzeを受賞した「2013 NISSAN×SAORI KANDA CALENDAR」も手がけた。

神田サオリさん1


日産、キヤノン、フジロックと多岐にわたるフィールドで活躍するサオリさんのお仕事とは。今回はご実家にお伺いし、お母さまも交えてお話いただきました。(バックに蝉の声がはいっておりますがご了承ください。)

神田サオリさん2


アーティストでありながら、プロデューサー、マネージャーの三役をこなすサオリさんのこれまでの軌跡とは。お母さまのエピソードも織り交ぜてお届けします。

神田サオリさん3


“絵”を通してサオリさんの半生をお話いただきました。

神田サオリさん4


最終回は、人生で大切にしていることやライフワークに出会うヒント。今後のビジョンもお話いただきました。

神田サオリOfficialWebサイト
関連記事はこちら(文・インタビュアー早川洋平)

LINEで送る
Pocket