kiqtas-okada

About kiqtas-okada

This author has not yet filled in any details.
So far has created 138 blog entries.
  • 111top-face

vol.98 大津秀一

おおつ・しゅういち/緩和医療医。
1976年生まれ。茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。緩和医療医。日本消化器病学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本尊厳死協会リビングウィル(LW)受容協力医師、2006年度笹川医学医療研究財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。内科専門研修後、日本最年少のホスピス医(当時)の一人として京都市左京区の日本バプテスト病院ホスピスに勤務したのち、2008年より東京都世田谷区の入院設備のある往診クリニック(在宅療養支援診療所)に勤務し、入院・在宅(往診)双方でがん患者・非がん患者を問わない終末期医療を実践、2010年6月から東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターに所属し、緩和ケアチームを運営している。

大津秀一さん1

  • 110top-face

vol.97 平野敦士カール

ひらの・あつし・かーる/社団法人プラットフォーム戦略協会理事長、ビジネス・ブレークスルー大学教授、株式会社ネットストラテジー代表取締役社長。
麻布中学校・高校、東京大学経済学部卒業。日本興業銀行にて、国際業務・投資銀行業務のマネージャーを務めた後、NTTドコモにて「おサイフケータイ」の普及に成功。元ドコモ・ドットコム取締役、元楽天オークション取締役、元タワーレコード取締役。2006年、米国コンサルティング会社MPDシニアアドバイザーに就任、ベンチャー企業の経営陣を兼務。2007年、ハーバード・ビジネススクール准教授ハギウ博士とともに、戦略コンサルティング会社ネットストラテジーを創業。上場企業を含む多くの企業の社外役員、顧問を務める。
ハーバード・ビジネス・スクール招待講師、沖縄大学大学院非常勤講師ほか、国内外で多数の講演を行っている。2010年、ビジネス・ブレークスルー大学教授就任(学長 大前研一)、社団法人プラットフォーム戦略協会理事長に就任。『新・プラットフォーム思考』(朝日新聞出版)、『プラットフォーム戦略』(共著 東洋経済新報社)など著書多数。韓国・台湾など海外でもベストセラーとなっている。

平野敦士カールさん1

  • 109top-face

vol.96 桝野俊明

ますの・しゅんみょう/僧侶・庭園デザイナー。
1953年神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授、ブリティッシュ・コロンビア大学特別教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動を行ない、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章受章。2006年のニューズウィーク日本版にて「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される。

桝野俊明さん1

  • 108top-face

vol.95 村尾隆介

むらお・りゅうすけ/スターブランド社フロントマン。
小さな会社のブランド戦略を手掛けるコンサルタント。スターブランド社の共同経営者・フロントマンとして全国を飛び回る。弱冠14歳で単身渡米。ネバダ州立大学教養学部政治学科を卒業後、本田技研に入社。
同社汎用事業本部で中近東・北アフリカのマーケティング・営業業務に携わる。退社後、食品の輸入販売ビジネスで起業。事業売却を経て現職。 その成功ノウハウを、小さな会社やお店に提供している。「拡大志向ではなく、しあわせ志向の起業術」「パーソナルブランドの大切さ」などのメッセージを説く講演会・セミナーは、年間で100本を超え(2010年)そのエンタテイメント性の高さと分かりやすさから、ファンやリピーターが実に多い。

村尾隆介さん1

  • 107top-face

vol.94 梶原しげる

かじわら・しげる/フリーアナウンサー。
1950年7月生まれ。神奈川県茅ヶ崎出身。目黒区大岡山在住。外語短大付属高校から早稲田大学法学部を経てラジオ局文化放送にアナウンサーとして入社。約20年在職後、92年からフリー。現在はJFN系列(FM)「ON THE WAYジャーナル【Mon】」をはじめテレビ、ラジオで活躍。その一方で、49歳で東京成徳大学大学院心理学研究科に進学し心理学修士号取得。シニア産業カウンセラー、認定カウンセラー、健康心理士の資格を持ち、精神科クリニックや心理相談センターでカウンセリング業務を担当。2003年秋に出版した新潮新書「口のきき方」は、「図解版 口のきき方」(PHP研究所・05年1月出版)とあわせて15万部のベストセラーとなり、その一部が06年度からの中学1年の国語教科書
「伝え合う言葉中学国語1」(教育出版)に採用される。 他著書多数(HP“梶原の本”参照)
また、かつて演歌を英語に訳して歌う、日本でただ一人のイングリッシュ演歌歌手としてアルバム3枚、シングル2枚を出しレコード大賞企画賞にノミネートされたユニークな歌い手でもある。
07年に復刻版CDアルバムとして「イングリッシュ演歌」を発売。
06年3月公開の日韓合作映画「力道山」に、プロレス実況役で出演。
06年4月からは、東京成徳大学応用心理学部客員教授に就任。現在、日本語検定審議委員も務める。

梶原しげるさん1

  • 106top-face

vol.93 石田ゆうすけ

いしだ・ゆうすけ/旅作家・エッセイスト。
1969年和歌山県白浜町生まれ。旅行作家。7年半かけて自転車で世界一周し、9万5000キロ、87カ国を走破。現在は、文筆活動のほか、全国の学校等で講演も行なっている。

石田ゆうすけさん1

  • 105top-face

vol.92 松永修岳

まつなが・しゅうがく/国際風水科学協会会長。
岐阜県・養老生まれ。経営戦略コンサルタント。ラックマネージメント・フォーラム代表。(社)日本建築医学協会理事長。(社)日本文化経済支援機構理事長。19歳の頃より奇門遁甲、風水、四柱推命などの運命学を学び、さらに東洋医学、哲学、心理学などの分野についても研鑽を重ねる。数々の修行・荒行を経て、究極の荒行と言われる千日回峰行で開眼する。修験道・空海密教の大行満大阿闍梨でもある。脳科学や心理学、環境科学と「風水」を融合した『風水環境科学』、そして「奇門遁甲」などの運命学と科学を統合した独自の理論体系『ラックマネージメント』を駆使し、様々な会社の経営者や複数の国会議員、さらには一流スポーツ選手やアーティストを数多く指導している。

松永修岳さん1

  • 104top-face

vol.91 松田公太

まつだ・こうた/タリーズコーヒージャパン創業者・政治家。
政治家。みんなの党所属の参議院議員。5歳から17歳までの大半をアフリカとアメリカで過ごす。1990年、筑波大学国際関係学類卒業後、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。その後、1998年に、タリーズコーヒージャパン株式会社を設立。約3年で株式を上場し、300店舗を超えるコーヒーチェーンに。2007年には、世界経済会議(通称:ダボス会議)のヤンググローバルリーダーとして選出される。開発途上国の飢餓解消に取り組むNPO「TABLE FOR TWO international」理事でもある。2010年7月参議院議員に当選。現在経済産業委員会委員、消費者問題に関する特別委員会委員。

松田公太さん1

  • 102top-face

vol.90 茂木健一郎

もぎ・けんいちろう/脳科学者。
ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科特別研究教授。1962年、東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。

茂木健一郎さん1

  • 103top-face

vol.89 アラン・コーエン

あらん・こーえん/作家・セミナーリーダー。
アメリカ生まれ。ハワイ在住のベストセラー作家。セミナーリーダー。アメリカでは現在、大手出版社ヘイハウスのラジオ番組のホストも務めている。

『頑張るのをやめると、豊かさはやってくる』1

  • 101top-face

vol.88 中嶋茂夫

なかじま・しげお/Web集客コンサルタント。
株式会社中嶋商店代表取締役。インターネットを利用した集客で、売上を劇的に増やした企業のコンサルティング実績多数。商工会議所、観光協会など団体や企業向けの講演会は年に50本以上。社団法人全日本LPO協会理事、阪南大学客員講師

『山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか?』1

  • 100top-face

vol.87 清涼院流水

せいりょういん・りゅうすい/作家。
1974年8月9日、兵庫県西宮市生まれ。小説の既存ジャンルにこだわらない「大説家」を自称する娯楽小説作家。京都大学経済学部に在学中の1996年、『コズミック』で第2回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。2011年にデビュー15周年を迎え、約70冊の著作がある。
2009年、カナダ人マンガ家のカイ・チェンバレンと合同公式サイト「bbbcircle」をオープンし、サイト内で連載中のコミック「Teriyaki Girls」の英語ストーリーを担当。

『キング・イン・ザ・ミラー』1

  • 99top-face

vol.86 福永雅文

ふくなが・まさふみ/ランチェスター戦略コンサルタント。
1963年、広島県生まれ。関西大学社会学部卒。戦国マーケティング株式会社代表取締役、NPOランチェスター協会理事・研修部長、ランチェスター戦略学会常任幹事。小が大に勝つ「弱者逆転」を使命とし、日本の競争戦略のバイブルともいわれるランチェスター戦略を伝道する。
企業の営業戦略づくりを指導するとともに全国各地で企業研修・講演を行う。歴史研究をライフワークとし「歴史に学ぶ戦略経営」がもう一つの講演・執筆のテーマ。

『 ランチェスター戦略 弱者が勝つ最後の方法』1

  • 98top-face

vol.85 岡田耕一

おかだ・こういち/脳機能ナビゲイター。
1963年愛知県生まれ。東洋大学卒。大手自動車メーカーの新車販売会社で全国トップセールスの実績を認められ、最年少で所長に就任。自動車メーカー研修所の特別講師を兼任するなど営業職を極めた。その経験から自動車という商材への感性の影響の大きさを痛感。黒川伊保子氏に師事し、感性を学ぶ。大前研一アタッカーズビジネススクール「感性マーケティング講座」第一期生。黒川氏が監修するサンケイリビング主催のセミナー講師も務める。

『なぜ、人は7年で飽きるのか』1

  • 97top-face

vol.84 柳澤大輔

やなさわ・だいすけ/面白法人カヤック代表取締役。
1974年香港生まれ。慶應義塾大学を卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントを経て、1998年、学生時代の友人と共に合資会社カヤックを設立。代表取締役に就任。2005年に合資会社カヤックの事業を引継ぎ、株式会社カヤックを設立する。

『アイデアは考えるな。』1

  • 96top-face

vol.83 兼元謙任

かねもと・かねとう/株式会社オウケイウェイヴ代表取締役。
1966年愛知県名古屋市生まれ。愛知県立芸術大学卒業後、株式会社GK京都等を経て、1999年7月に株式会社オウケイウェイヴを設立。2006年6月に名古屋証券取引所セントレックスに上場。2008年3月にはQ&Aサイト事業のパートナーとしてマイクロソフトとの業務提携も締結した。

『元ホームレス上場企業社長のリアルな「お金」』1

  • 95top-face

vol.82 奥野宣之

おくの・のぶゆき/著作家。
1981年、大阪府生まれ。大阪府在住。同志社大学文学部社会学科を卒業後、出版社および新聞社への勤務を経て、現在、フリーランスの文筆家。作家のエージェント(株)アップルシードエージェンシーにスカウトされ2008年、『情報は1冊のノートにまとめなさい』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)でデビュー。31万部のベストセラーになり、続編の『読書は1冊のノートにまとめなさい』(同)、『だから、新書を読みなさい』(サンマーク出版)と合わせて累計部数は48万部を超える。
ジャーナリスト出身なので、情報の整理や収集、伝達、読み取り、加工などのノウハウは豊富。そのほか、読書術、発想法、仕事術、デジタルツール、文章作成、ウェブ活用にも詳しい。著作のほか、ビジネス記事の執筆、書評、エッセイ、インタビューなど実績を活かして、単行本、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、講演会へと、活動の場を広げている。

『仕事の成果が激変する知的生産ワークアウト』1

  • 94top-face

vol.81 向山恵理子

むこうやま・えりこ/ニャティティ奏者。
1981年、東京生まれ。アフリカの音楽に魅了され、単身ケニアに乗り込み、現地でも限られた男性にだけ演奏を許されているニャティティの世界初女性奏者となる。帰国後も各地でエネルギッシュな活動を続けている。2009年7月8日号、『ニューズウィーク』誌の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。音楽シーンにとどまらず、2007年よりケニアの文化親善大使も務めている。

『夢をつかむ法則』1

  • 93top-face

vol.80 福島正伸

ふくしま・まさのぶ/株式会社アントレプレナーセンター代表取締役。
1958年生まれ。1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立。人材育成、組織活性化、新規事業の立ち上げなどの専門家として、20年以上にわたり大手企業や全国の地方自治体などで約7000回、 延べ30万人以上に研修、講演を行う。「他人の成功を応援すること」を生きがいとし、自身のポリシーは「通りすがりの者」名を残さず世の中を変えていくことをテーマに、多くの企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家などから「メンター」と慕われている。

『夢を叶える』1

  • 92top-face

vol.79 渡邉美樹

わたなべ・みき/ワタミ株式会社取締役会長(非常勤)、陸前高田市参与。
1959年生まれ。神奈川県出身。小学校5年生の時、父親が経営する会社を清算したことから「自分は将来、社長になる」と決意する。明治大学卒業後、財務や経理を習得するため、経理会社に勤務。その後1年間運送会社で働き資本金300万円を貯める。1984年ワタミを創業。2000年東証一部上場。外食・介護・高齢者向け宅配・農業・環境など、人が差別化となる独自の労働集約型事業モデルを構築してきた。

『幸せの哲学「存在」対「効果」』1